男性不妊には先天性・後天性?原因ランキングと検査の種類?


男性不妊には先天性後天性原因ランキング検査種類
についての情報です。

 

男性不妊には先天性・後天性?原因ランキングと検査の種類?

 

男性が不妊とされた場合、先天性と後天性のものがある。

先天性の男性不妊?

遺伝や発育段階で機能的な問題が起こり、
性機能不全になること

 

性機能不全とは性的欲求が減退・欠如している状態をいい、
EDや早漏、オルガズム障害、遅漏となる。

後天性の男性不妊?

ストレス、アルコール、喫煙、肥満、病気、服薬もしくは
陰部の機能的な問題が原因で、機能的な障害や
精子の製造・放出にトラブルがある

男性不妊を調べる検査は?

・精液検査

・染色体検査

・ホルモン検査

・抗精子抗体検査

・Y染色体検査

 

などがあり、
血液検査精液検査によって原因を探る。

 

男性不妊で最も多いとされる原因ランキング?

スポンサーリンク

 

1位 乏精子症

その字のごとく、
精子の数が明らかに少ない状態を言う。

正常な状態では、

・精子濃度は2000万以上/1ml

・運動率は射精2時間以内で前進運動50%以上は正常

・奇形率は30%未満

2位 無精子症

精液の中に精子が無い状態。

無精子症には精子が合っても、
出てくることができない閉塞症と
精子そのものが作られていない非閉塞症とがある。
非閉塞症の場合は治療が難しく、患者数も多い。

3位 精子無力症

精子はあるものの、元気が無い状態。
先天的な原因が多い。

 

後天的な原因は思春期以降に、
おたふく風邪などの高熱で
精巣炎になるなどが原因とされる。

 

治療としてはこれといったものは無く、
漢方薬などを服用したり、
人工授精・体外受精が有効とされる。

4位 ED

EDとは勃起障害の事。
マスターベージョンでは射精が可能であるが、
性交渉となるとダメといううパターンが多くみられる。

 

ストレスが原因で会ったり、
血管や内分泌性などの器質的な問題であったり
これが混合であったりする。

 

バイアグラがEDの治療薬として、
有効性が高いとされている

 

 

女性の不妊も男性の不妊もいずれも原因が分かった段階で、
お互いの治療への意思確認が必要であると思う。

 

子どもが欲しいという気持ちの
温度差は治療の妨げとなるからだ。

 

不妊の原因が分かったことで、
ある意味スッキリした部分があるのではないだろうか??
なんだ!!だから子どもができなかったのかと。

 

男としては落ち込むかもしれないが、
ここは子どもを望む妻のために、
体を張って治療に臨んでいただいきい。

 

もしも授かったときに、
きっとその子を奇跡と思うに違いないからだ。

 

 

⇒amoamo(アモアモ)・蛯原英理さんがプロデュースの
ベビ待ちサプリを通販で購入するならこちら!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ