不妊症の診断って??わたしって不妊症??


不妊症診断って??わたしって不妊症??
についての情報です。

不妊症の診断って??わたしって不妊症??

赤ちゃんが欲しいのに、なかなか授からない。
もしや、わたしも不妊症なのかなぁ??

 

でも、どれくらいできなかったら、
病院を受診するべきか。

 

そんなことを考えていて、
1年、2年が経ったという人が多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

不妊症の基準は2年で子どもができない
というのが基準らしいが・・・。

 

私から言わせてもらえば、
子作りを始めて1年できなかったら病院にいくべし!!

 

私は子作り初めて、半年で病院行きました。笑
この時は「早すぎる。」と先生に言われつつも、
排卵しているかどうかだけ見てもらいましたが。

 

それから半年経ってもできなかったので、
またしても病院へ。

 

ちゃんと基礎体温も数か月測ったうえで行くと、
いろいろ検査が待ってました。

 

結婚して、すぐ授かる予定だったのに。
年齢だって、27歳。

 

まさか結婚1年目にして不妊症と
診断されるなんて思いもよりませんでした。

 

原因は「卵管閉塞」。
気が付かないうちに、炎症を起こすなどして、
卵管が詰まってしまうわけで。

 

数か月後には大学病院を紹介され、
体外受精してました。

 

おー!!まさかの展開でした!!

 

でも、病院へ早く行っていたのは正解だったと今でも思う。
不妊症だと診断されたからこそ、
次のステップへ進めたので。

 

そして、奇跡的に体外受精1回で、
すぐに授かることができた我が子。

 

生まれるまでに10月10日。

 

それからすぐ第二子を希望したものの、
帝王切開だったため1年開けて
現在、不妊治療再開してますが、
2回して失敗に終わりました。

 

失敗の後は3ヶ月くらい期間をあけないといけないので、
あっという間に1年が終わる。

 

ガーン!!

 

そして、現在32歳。
そう、不妊治療は年齢との戦いでもあるのだ。

 

35を過ぎてまで、子育てする馬力も無いのに
無理して不妊治療をする気はさらさらない。

 

もし、結婚して、3年位こどもができるのを待ってたら。
きっとあたしたち夫婦には子どもがいなかったにちがいない。

 

そう思うと、早く不妊症であることに
気が付いて良かったとおもうのである。

 

不妊の診断なんて、2年を待っている場合ではないのだ。
若くても、妊娠しにくい人だっている。
そのことを世の女性には知っておいてほしいのだ。

 

子どもがいる生活はほんとに、
自分が思うようにいかないもので、
イライラしたり、不安になったりするのだが、

 

どうしようもなくかわいくて、
息子がいなくなったら生きていけないレベルにまで達してしまった。

 

きっと、子どもを望みなかなか授から無かった人なら、
普通に授かった人の数倍、
子どもがいとほしいと感じるに違いない

 

不妊と診断されることがこわくとも、
病院に行くべきなのだ。
病院へ行ったことでいろいろなアドバイスをうけ、
授かった友人もいる。

 

自分の体を知るいい機会だと思って、
ぜひ、病院の門をたたいて欲しい。

 

 

⇒amoamo(アモアモ)・蛯原英理さんがプロデュースの
ベビ待ちサプリを通販で購入するならこちら!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ