不妊症にはダイエットをするべき!ダイエットを健康管理と捉える?


不妊症にはダイエットをするべき!ダイエット健康管理と捉える?
についての情報です。

スポンサーリンク

不妊症にはダイエットをするべき!ダイエットを健康管理と捉える?

 

結論から言うと、太っていると妊娠しにくい。
痩せすぎていても妊娠しにくい。

 

不妊症には、ダイエットが悪い!?

そもそも、このダイエットという言葉を
どう解釈しているかということだ。

 

もしも、このダイエット方法をどのように行うか、
どのようにとらえるかで答えは違ってくる。

 

健康管理と捉えるならば、
もちろん不妊症には断然良いと言える。

 

ダイエット=健康管理と捉えているならば、
食事はきちんと三食バランス良くしっかり取り、
適度な運動、規則正しい生活を心がける
生活をおくることであろう。
なんとも理想的な生活像である。

では、どのようなダイエットが不妊症には悪いのか??

不妊症に悪いというよりも、
体のために良くないのは極端に食事を減らすこと

 

もちろん、いままでどんぶり3杯食べてましたーって、
人が御茶碗1杯のごはんに減らすのは別として・・・。

 

ともかく、ごはんを食べないというのは
逆に太るということは皆知っているのではないだろうか。

 

これは人間の脳が大きく関係しており、
ご飯を食べれず、空腹状態が続くと、
脳は「飢餓状態!」と赤信号を出す。

 

すると、体は自然と脂肪を蓄えようとするのだ!!
要するに、痩せようと思ってご飯を食べなくても太ってしまう
またはリバウンドにつながるのだ。

 

食事制限は、体に影響するだけでなく、
過度のストレスも感じるであろう。
お腹がすきすぎるとイライラする。
それは人間の欲求なのだから仕方ない。

 

イライラした状態などのストレスを抱えた状態では
妊娠しやすい状態とは言えないだろう。

不妊症で、現在体重がオーバー気味の人が
ダイエットするためにはどうすればいいのか?

デスクワークの仕事をしながら、
ダイエットというのは運動もする時間もないかもしれない。

 

体重オーバーの体重が筋肉ならばよいが、
脂肪というのは少し問題がある。

 

脂肪がついていると、
出産時にも産道に脂肪がつき出産が困難になるのだ。

 

では、どうやって脂肪を少しずつ落とすか?
これは、大きな筋肉を鍛える!!に限る。

 

大きな筋肉というのは、
大腿筋などの大きな筋肉である。

 

いつもはつかうエレベーターや
エスカレーターを階段を使ってみたり。
一駅歩くようにしてみたり。

 

少し座っている時に姿勢をシャキッとするだけで背筋を使うし、
腹式呼吸を意識すると腹筋もできる。

 

ながら体操をしているモデルも多いという。
常に美を意識すること。

 

そして、冷蔵庫の前などに自分が理想とする
ボディラインの人の写真を貼る。などなど。

 

あと、脳的には「これを食べたら痩せる~♪」と
ポジティブに思い込みながら食事を摂るのだ。
これ、意外に効果があるらしい。
思い込みというものは重要なのだ。

 

ただ、ただ、ダイエットしなきゃーと思うよりも、
「この人みたいにキレイになりたい!」という気持ちのほうが
ポジティブシンキングでダイエットがうまくいくのだ。

 

逆に、自分より太っている人を見ると、
「まだまだ大丈夫」と思ってしまうので、NG!!

 

不妊症といえど、健康管理は大事なので、
健康管理という意味でダイエットをしてみてはいかがだろうか??

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ