不妊治療の助成金っていくら?不妊治療の助成金には回数制限がある?


不妊治療助成金っていくら不妊治療助成金には回数制限がある?
についての情報です。

不妊治療の助成金っていくら?不妊治療の助成金には回数制限がある?

不妊治療を受けている人や受ける予定の人ならば、
上流階級の生活をしていない限りはついてくるのがお金の問題・・・。

 

ましてや、治療をするにあたって、
仕事を辞めざるを得ない状況で、
旦那様のお給料のみで、不妊治療なんて、
私からすれば贅沢の極みだと思う。

 

なので、夫や息子の物は買っても、
自分の物にお金をかけられない。

 

1度の治療が40万~と言われる不妊治療で、
助成金は地域で違うものの、出ても20万円

 

今まで私は3回チャレンジしたので、
60万円は軽く超えている。

 

薬や診療費も入れれば、
70万円を超えたくらいだろうか。

スポンサーリンク

 

結婚する前から貯めていたお金から、
チョコチョコとだしていたが、
そりゃ限界はある。

 

なぜ、少子化対策といいながら、
若者の不妊治療の助成金まで政府は削る方針にしたのか

 

40歳を超えたら、半額とかならわかる。
どれだけ、不妊治療をしても、
やはり、卵子そのものの若返りは難しい。

 

しかし、まだ若くとも、不妊治療を必要としている人はいるのに、
回数を定めてしまってはお先真っ暗ではないか。
せめて、回数制限だけはしなくても、
よかったのではと思う。

 

不妊治療の助成金は、あるだけありがたい。
ただ、助成金よりも、保険適応だったらと何度も思ったことはある

 

わが家はもちろん、中流階級な家庭でもなければ、
私が仕事をしているわけでもない。

 

しかし、不妊治療を始めると、
どうしても病院に行く日が
体調に合わせた日になってしまうために
働きにくいのも事実だ。

 

明日休みまーす。
なんて通用する会社がどこにあるんだ。

 

お金を持っている政治家にはきっとわからないであろう。
生活費を削ってまで子どもが欲しいという気持ち。

 

いろいろ我慢を家族にさせても、
子どもを望んで治療をしたにも関わらず
着床しなかったり、卵が取れなかったり、
流産した時の気持ち。

 

あーーー思い出すと涙がちょちょぎれる。

 

ほんと、どんだけ、おおざっぱで前向きな気持ちのあたしでも
これだけ精神的にやられるんやから、
メンタル繊細な人は本当にうつになると思う。

 

不妊治療のお金は、全部クレジットカード払い。
ポイントが付くっていうのもあるけど・・・

 

やっぱり、現金で払うと、
絶対に自分が情けなくなるから。

 

なんで、こんなに大金を払わないと、
子どもができない体なんやろうって。

 

なので、請求金額は見ずに、
さっさとカード払いしてます。

 

このブログで、不妊治療の助成金が
増えるなんてことはないだろうけれど、
普通にお金が無い夫婦でも生活を削りながら、
不妊治療をしてでもプライスレス!な
子どもを授かるために頑張っていることを
知って欲しかったのです。

 

1人授かったので、もういいかなーと思ったけれど、
やっぱり兄弟を作ってあげたくて、2人目挑戦中。

 

でも、今いる子にもお金を残したいので、
あと2回くらいで不妊治療は止めようと思います。

 

不妊治療をしないと授からないので、
1人っ子にはなるけれど。
それも選択肢。

 

いつか、不妊治療が保険適応か助成金で全額賄える日を夢見て・・・
今月から治療頑張りまーす。

 

 

⇒amoamo(アモアモ)・蛯原英理さんがプロデュースの
ベビ待ちサプリを通販で購入するならこちら!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ