不妊治療にかかる費用は!?保険は適用されないの!?


不妊治療にかかる費用は!?保険適用されないの!?
についての情報である。

スポンサーリンク

不妊治療にかかる費用は!?保険は適用されないの!?

不妊治療を始める・・というと、
どうしても一番最初に思い浮かぶのは
お金のことではないだろうか?

 

不妊治療はお金がかかるというのは
何度かニュースなどで見ている人は多いのでは??

 

でも、それは都会の話じゃ??とか、
名のある病院だからと思っている人もいて、
じゃあ、実際いくらくらいいるの??
って思っている人も多いはず。

 

では、どんなことをすればいくらくらいかかるのかを
知りたいという人の為に、大まかな不妊治療にかかる費用を
検査費からあげてみようと思う。

不妊治療の費用・検査編

 

不妊の原因を調べる検査(女性)¥20000~40000

 

排卵時期を調べる検査(女性)¥1500~2000

 

精液検査(男性)¥3000程度

 

これらの検査はホルモン検査や卵管の検査など、
保険適応の検査と全額自己負担の検査があり、
自己負担の検査については病院によって費用がまちまち

 

行った病院によっても違いはあるかもしれませんが、
これといった原因が無い場合は、
順を追って検査をしていくようになる。

不妊治療の費用・自然排卵でタイミング

自然排卵だと、治療薬を使わないので、
比較的¥5000~程度と比較的リーズナブルです。

 

治療方針は超音波で卵子の排卵の時期を予測し、
この日に子作りしてみてください!という
いたってシンプルなもの。

不妊治療の費用・薬+タイミング

排卵誘発させる薬を用いて、排卵をさせ、
体を妊娠しやすいように整え、
タイミングをはかる方法。¥7000~

不妊治療の費用・人工授精

精子が少し元気がなかったりする場合などに、
この方法にステップアップします。

 

人工授精費¥20000~

 

さらに、それでもだめなら卵子を取り出して、
精子と掛け合わせ、受精卵を戻す体外受精へとステップアップ。

 

体外受精費¥300000~

 

体外受精でも卵がなかなか成長分割しない場合には
卵に直接精子を入れる顕微授精になる。

 

顕微授精¥350000~

 

これらはあくまでも、その治療に対する金額で、
病院受診の度に¥3000~の受診代かかる。

 

血液検査ひとつをしても、保険がきかないため、
自己負担となり、かなりの費用負担があるのだ。

 

わたしは田舎の安いと言われる大学病院で体外受精をしてきたが、
その時の薬などによって治療費は異なるのだが、
薬代や診察費を含めると約¥400000はかかっている。

 

そのうち、¥150000は県から¥50000は市から助成金が出るので、
一度の治療が¥200000くらいとなる。

 

この多額の金額が出すのが苦しいのは
わが家だけではないはず。

 

しかも、自分の体の都合に合わせての病院通いとなるので、
仕事もなかなか正規の仕事ができないというのが問題。

 

ただ、米国で不妊治療を受けると1万ドル(100万!?)
ともいわれるほどの高度な治療なのだ。
なぜ、不妊治療の費用がこんなにも高いのか。

 

それは生殖補助医療の為の設備がクリーンルームや
培養器などのハード面が高価であることと、
胚培養士やカウンセラーなどの有資格者など、
施設の設備を整えようとすればするほど人件費もかさむ。

 

都心の一等地に構えるような大規模で立地条件の良い、
口コミの良い病院は料金がかかるのも、
無理はないと言わざるを得ない。

 

まだ、日本に生まれて良かったと喜ぶべきなのかも。
っとそう思えてくる。

 

もしも、ここまで生殖補助医療が進化していなかったら、
わたしは息子に会えていなかったと思うと、
貴重な働いて貯めてきたお金も無駄では無かったと思えるからだ。

 

この不妊治療の費用は莫大にかかるがゆえに、
治療を始める前に、いくらまで使ったら、
諦めるということも考えておくべきだ

 

私は、100万円までと決めている。
助成金がおりているので、
あと2回もすれば治療にかけるお金もそこを尽きる。

 

それで出来なければ、
きっぱりあきらめるつもりである。

 

自然妊娠する可能性は0に近いので、
出来るかぎり、あと2回の治療を
納得のいくものにしていきたいと思っている。

 

息子も今年3歳。
年の近い兄弟ならばきっと将来いて良かったという
存在になってくれると願っているが、
叶わぬ夢になるかも。

 

しかし、マイナス思考は無用。
きっとお兄ちゃんになれるはずー♪
っとゆったりした気持ちで次の治療に挑むつもりだ。

 

不妊治療の費用で、今まではクレジットカードで払って、
なんとなく得した気分を味わっていたのだが、病院を変わってから、
クレジットカード払いができなくなってしまった。。。

 

ガーン。

 

多額の金額を現金で払うと、
ハラハラと消えゆくお金と現実と向き合わなければならない。

 

不妊治療の費用。
できれば、保険で賄って頂きたいものである。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ