不妊治療では注射しないといけないってホント??


不妊治療では注射しないといけないってホント??
についての情報です。

スポンサーリンク

不妊治療では注射しないといけないってホント??

不妊といえど、注射を絶対しなければ
ならないというわけではありません。

 

不妊治療でも、排卵を促したりする際には注射を使うこともある
その他、不妊症で体外受精や顕微授精をする場合は
自己注射などで卵子を育てる必要があるため、
注射をする可能性が高いですね。

 

自分で無理という人は病院に通って
打ってもらうことももちろん可能。

 

ちなみに病院の方針で、
自然にできた卵子を採卵する病院などもあるため、
どのような方針か調べてみるのもいいと思います。
もちろん薬を使わない方が身体にはいいですからね。

 

ちなみに私もこんど転院する病院は
なるべく自然にまかせる方向の病院です。

 

ガンガン薬で卵子を作るのではなく、
できた卵子を採卵するらしい。
排卵は薬で止めるのかもしれないけれど・・・

 

なので、どんなふうな治療の方針なのか
楽しみにしてるとこなんですねー。

 

前の大学病院でも、体に負担の少ない療法だったらしいのですが、
全く薬を使わないというのはまた珍しいですもんねー。

 

自己注射しなくてもいいのかしら??
だったら、お薬代もかなり安くなるのかしら??
と、期待しています。

 

ちなみに私の場合は皮下注射を毎日打ってました。
皮下注射ってのは注射の針も短く、細いので、
痛みはほとんどありません。

 

お腹や太ももに注射するんですが、
まぁ脂肪があるので、大丈夫です。笑

 

その自己注射と採卵日の24時間前には筋肉注射を病院で。
これは、痛い。
ともかくお尻に打つ注射は痛い。

 

ちなみに卵を戻してから、ホルモンの注射を2日に1回くらい
打ちに病院に行くのですが、これが痛いのなんの。
なかなか慣れるもんじゃなかった。

 

これも看護師さんの腕があるのか、
不思議と痛い時と痛くない時があるのだ。

 

えぇ!?もう終わったんですかっ!?て時もあれば、
うぅぅぅぅーってなる時もある。

 

だが、この注射で腹に戻った卵が着床するのであれば!!
と気持ちで乗り切れるのである。

 

ちょっとだけでも妊娠した気分を味わうことができる
判定日までは楽しみで乗り切れるのだ。

 

痛い注射でさえも。。。
不妊治療は注射が多いのは事実

 

しかも筋肉注射が痛いというのも事実。
痛みはその時で終わるので、
ビビることはないのだ。

 

痛いと言うことは生きている証というではないか!!
そのくらいの気持ちで乗り切ることが必要だ。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ