不妊治療ってこんなに費用がかかるのか!!


不妊治療ってこんなに費用がかかるのか!!

不妊治療の説明会は旦那と出席した。
なんとなくテレビとかで聞いたことがあるが
とにかく体外受精顕微授精には
「お金がかかる」というイメージが強かった。

 

そのつもりで聞いていたはずだったのだが、
説明会でのおおよそのかかる金額は40万円程

 

ん!?4万円じゃなくて、40万円!?!?
しかも妊娠する確率が20%!?なんだそれ!!!

 

決してわが家は裕福な家庭ではない。
あえて言うなら、下流階級といえよう。
下の中??くらい。

 

国民健康保険に加入して、
お金を払っているにもかかわらず、
不妊治療には使えないのだそうな。

 

つまり、全額自己負担・・・
いや、いやペットやないし。

 

そんなん、好きで不妊症になったわけでもないし。
少子化やいうてるくせに、子ども作るのに
自己負担て、どーいうことっっ!?!?

 

まだ払ってもないのに、
憤りを感じるわたし。

 

助成金が県から支給されるらしいが
そんなの全然足りないじゃないか。

スポンサーリンク

 

いやありがたい。
これも国民が収めた税金。
感謝をせねば。

 

しかし高すぎる。
都会の方では80万近くいる病院もあると聞く。

 

セレブの不妊症患者御用達か??
下流階級の我が家。

 

とりあえず予算を立てた。
使う金額は100万円まで。

 

その100万円はあたしが働いて貯めていた
お金と退職金から捻出することにした。

 

そんな大金、家計費から出せるかー!!
お金のことを考えると、
不妊症であることが悲しくなってくる。

 

本来なら払わなくていいお金を大枚はたいて、
出来るか出来ないかもわからない治療につぎ込むのだから。
ある意味、不妊治療ってギャンブルかも・・・

 

勝ったら、お金には変えられない我が子が得られ、
心も満たされる。
負けたら、何も残らない。

 

普段はそんなに思わないけれど、
「世の中、結局金なんやな・・・」
体外受精の説明会でそう思った。
不妊治療=お金がかかる

 

ただこれはわたしのような治療を選択した場合であって、
卵管の手術を選択すれば、
保険は適用されるし、
他にも道はある。

 

ただチャンスがあるならば、
試してみたい。

 

その気持ちでチャレンジを決めた
わたしたち夫婦であった。

 

 

⇒amoamo(アモアモ)・蛯原英理さんがプロデュースの
ベビ待ちサプリを通販で購入するならこちら!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ