不妊検査の費用っていくらくらいかかるの??


不妊検査の費用っていくらくらいかかるの??

不妊かなぁーと思っても、
まず婦人科に行ったことがない人ならば、
いくらくらいかかるのか??

 

そしてどんなことをするのかを
不安に思う人は多いのではないだろうか??

 

とにかく不妊治療にはお金がかかる。
費用面での高額なイメージが強いからではないだろうか??

 

しかし、そんなことは決してない。
不妊治療は保険の対象のものもあるし、
保険が対象にならず、自己負担のものもある

 

その自己負担のものを「高額」と捉えるならば、
保険診療の検査は決して目玉が飛び出るような費用ではない。

スポンサーリンク

 

ただし普通の病院であれば、
自己負担となる検査においては
事前に説明してくれるはずだ。

 

ただ医師が「いくらかかります。」とまで、
細かい説明をしてくれるかは不明である。

 

検査をすると言われた際に、
何を調べる不妊検査であるかの説明と
「自己負担の検査はありますか?」ということと
「金額はいくらくらいですか?」くらいは
聞いておいたほうがいいかもしれない。

 

医師にとってはたかが1万円でも、
患者にとっては貴重な1万円であるのだから。

 

不妊検査といえど、
項目はさまざまである。

 

血液検査といえど、
子宮の年齢がわかったり、
ホルモンの値や精子への
抗体があるかなどがわかる。

 

そして一番初めに受診する際はおそらく
基礎体温をつけてくるように言われる。

 

理想は3ヶ月(最低でも1ヶ月)。
それほどに正常な体であれば、
基礎体温によって、排卵日が明確にわかり、
高温期・低温期に分かれるのだ。

 

おそらく子どもが欲しいと思っているひとならば、
きっとつけているであろう。

 

どう考えても、自然に妊娠しようと思えば、
それが一番近道であるのだから。

 

わたしもある程度の不妊検査はこなしたが、
(精液検査だけはしていない)。

 

ほとんどの検査は3000円~10000円だった。
保険外の検査がある時が10000円程度だったくらい。

 

数万円もかかるなんてことはないので、安心して良い。
ただ、検査をしてもこれといった原因がないといったこともある。
原因不明のままで不妊治療を始める人も少なくないからだ。

 

ただ自分の体はじぶんで管理。
そのためにも不妊検査は早めに受けることをおすすめする。

 

 

⇒amoamo(アモアモ)・蛯原英理さんがプロデュースの
ベビ待ちサプリを通販で購入するならこちら!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ