不妊の原因が不明!不妊治療で原因不明不妊の人が3年以内に60%?


不妊原因不明不妊治療原因不明不妊の人3年以内60%
についての情報です。

不妊の原因が不明!不妊治療で原因不明不妊の人が3年以内に60%?

不妊だ―!!と思って病院に行ったものの、
何の検査をしても特にこれといった原因がみつからず、
不妊原因がわからない。

 

そんなことってあるの??
そう、原因不明の不妊、あるんです。

 

全体不妊症の10%~35%が
この原因不明と言われているのだ。

 

ただ、その検査というのが受ける病院によって違うので、
詳しく調べる病院もあれば、
そこまで調べない病院もある。

 

10%~35%と開きがあるのは
この病院ごとの検査項目も原因に考えられるのだ。

 

要するに、精密検査をすれば、
原因不明不妊は10%程度であると考えられる

 

原因が不明といわれ、子どもができない。
これは原因がわからぬがゆえの大きな悩みの種となる。

 

原因さえわかれば、
そうか。だから子どもが出来ないのか!
と納得もできるし、それによって、
体外受精や人工授精をすすめられても
ある程度の覚悟もできるし、
その治療に期待というか、
その治療に希望を託せるのだが。

 

原因が不明というのは、
案外厄介なように思うかもしれないが、
ちゃーんと不妊治療をすれば、
原因不明不妊の人でも3年以内に60%が
妊娠しているという結果が出ている。

原因不明不妊の原因

・着床障害

・黄体期異常

・黄体化未破裂卵胞

・子宮内膜の異常

・子宮内膜症

・卵管因子

・抗透明帯抗体

・染色体異常

 

などなど、検査をすればわかるものもあり、
やはり、不妊に悩むのであれば、
普通の産婦人科を受診するよりも、
不妊専門の外来で検査をしてもらった方が
妊娠への道は早いということは歴然である。

スポンサーリンク

 

かくいう私も不妊に悩んだとき、
「産みたい病院へ行けばよい」
とアドバイスを受けたが、
それが偶然にも不妊の先生がいたから良かったものの。

 

普通の産科が専門のキレイな個人病院へ間違えて行っていたら、
今でも原因不明のままで、子どもを授かってなかったかも・・・

 

やはり、最初の病院選びはネットで探すなり、
なにかしら不妊を専門としている病院を検索してから
訪れたほうがよいようである。

 

不妊の原因が不明というのは、
あくまでも調べるところまで達していないということもある。

 

自分の体を知る意味でも、
この病院ではどこまで検査ができるのか。

 

そして、できない病院であれば、
紹介状を書いてもらって大きな病院へ行くも良し

 

原因不明の不妊症だからといって、
不妊治療を躊躇している場合ではない!!

 

もしかしたら、これで出来るかも!!
そんな期待でぜひ治療に臨むべきだ。

 

わたしの担当医もいつも行っている。
「ポテンシャルが高いのはいいことだ。」と。

 

先生を全力で信じてダメでも、また次を信じて待つのだ。
きっと私たちのもとに赤ちゃんは来てくれると。

 

 

⇒amoamo(アモアモ)・蛯原英理さんがプロデュースの
ベビ待ちサプリを通販で購入するならこちら!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ