不妊の割合ってどうなの!?10組に1組のカップルが不妊??


不妊割合ってどうなの!?10組1組カップル不妊??
についての情報です。

不妊の割合ってどうなの!?10組に1組のカップルが不妊??

不妊の割合。
実に気になりますよねー??

 

特に周りは妊娠して子どもを授かっているのに、
自分だけ不妊症なんて診断された日にはもう、
地の底に落とされた感覚。

 

あたしもそうでした、そうでした。

 

今では笑ってますが、
10組に1組と言われるカップルのうちの
その1組に選ばれたかと・・・

スポンサーリンク

 

もう不運としか言いようが無かった。

 

こんな10人に1人の割合で、
あたしは不妊なのかーーー!!!
と。。。

 

しかし、不妊治療を重ねていくと気が付くんです。
不妊だからこそ、夫婦の絆って強くなる

 

実際、自分の親の年齢くらいで、
子どもがいない夫婦ってとっても仲良し。

 

きっと、不妊治療をしたけど、
子宝に恵まれなかったのかも・・・

 

今みたいに、不妊治療が世間に広がってなくて、
高度な技術も無かったはず。

 

世間の目も冷たかったはず。
2人で乗り越えたからこそ、
あんなに仲がいいんだろうなーって思います。

 

私も不妊治療を始めてから、
旦那にはとても感謝したり、
旦那の前で泣いたり、
治療に失敗したときはちゃんと自分の
悲しい気持ちを共有してもらうようにしました。

 

もちろん、あたしのようにわんわん泣いたりはしませんが。
ちゃんと残念だった。と一緒に落ち込んでくれるし、
お金のことは気にせずに、
また頑張ろうと言ってくれます。

 

たぶん、その積み重ねで夫婦仲は
とってもいいと思うのです。

 

だから、不妊の割合は数値ではもちろん、
年齢が上がると、そりゃ比例して増えます
でも、治療をしていいと思うのです。

 

それで夫婦が話し合って、納得して、
お互いの距離がもっと縮まれば、
もしも授からなかったらって
話し合えばいいと思う。

 

もしだめだったら、養子をもらおうか、
犬を飼おうか、なんて話してました。
当時28歳でしたが。

 

高校生のようなラブラブカップルではないけれど、
お互いの取り扱い方法くらいはわかってます。笑

 

不妊に至る原因の割合は年齢、卵管の閉塞、
ホルモンの値など複合的な理由もありですが、
不妊の割合よりも、今は夫婦の関係を大事にしましょー!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ