不妊のことを友達に打ち明けるべき!不妊の友達に相談されたら??


不妊のことを友達打ち明けるべき!不妊友達相談されたら??
についての情報です。

スポンサーリンク

不妊のことを友達に打ち明けるべき!不妊の友達に相談されたら??

 

自分たち夫婦は不妊症であると判明した場合、
友人にはどう対処したらいいのか?

これは夫婦の意識の差もあるし、
友人の性格やどれくらいの関係かにもよると思います。

 

ご夫婦には共通の友達の他にもそれぞれ友達がいるはず。
ただ打ち明けるかどうかはご夫婦で先に
相談してからの方がいいと思います。
でないと、人生の伴侶である人を傷つけてしまう恐れがあるから。

 

たとえ、自分はたかが不妊症。
しかも自分でなくて、相手が原因という軽い気持ちでも、
その不妊症の原因たる人が自分の欠陥としてとらえていたとしたら。
人には知られたくないと思っていたら。
夫婦だけで背負いたい問題とおもっていたら。

 

きっと、とてもとても傷つくはず。
口が軽いでは済まされないのです。

 

不妊症はとてもデリケートな問題なので、
ご夫婦がもしも聞かれたら・・・!
と想定して、2人で今後の友達への対策を講ずるべき。

 

自分にとっては普通の友人でも、
その友人を快く思っていない(口が軽いと思っているなど)
こともあるということです。

 

どうしても不妊治療を開始すると、
気分の浮き沈みがあるので、
いろいろ不妊症について聞かれても、
大丈夫な精神状態の時と、
もう触れないで欲しいという沈んでいる時があるのです。

 

その友人も、ただ何気なく質問しているだけでも、
とてもとても当事者にとっては辛いということも
あるということは理解しておいてください。

 

ただ、その答えているときはきっと、
淡々と答えていると思います。

 

沈んでいるとき、笑いながら答えたり、淡々と答えるけれど、
心では泣いていることもあるのです。
ご夫婦ならば、きっと顔を見ればわかるはず。

 

こんな私も、ダークな時期ではなかったら、
案外普通に不妊治療については自ら友達に言ってます。
初対面の人にはさすがに言いませんが。笑

 

28歳の時から不妊治療をしてきたので、
特別なことをしてきたという気持ちはありません。

 

むしろ不妊治療があったからこそ今、
かわいい長男の成長を見ることができるので、
むしろ、不妊で悩んでいる人を見つけてあげたいくらいです。

 

現在32歳ですが、
滅多に不妊治療をしている人なんていません。

 

みんなポンポン子ども産んでます。
でも、そんな大勢の32歳の中にも、
不妊症の人っているはずなんです。

不妊治療をしているということを
言ってくれたから自分が前向きになれた

不妊症だと診断されたとき、
偶然、わたしは妊婦さんに出会いました。

 

その妊婦さんはわたしの5歳くらい年上で、
職場の先輩でした。

 

今月出産予定という臨月のお腹。
不妊症と診断されたばかりなのに、
事実を受け止めきれていない私はそのことを言うと、
わたしも同じで、卵管が詰まってて手術受けたけど、
ダメで、体外受精で赤ちゃんできたのよー!って。

 

その先輩が体外受精をして、
妊娠して今月出産ということを聞いた瞬間、
目の前がパーッと明るくなりました

 

まるで未来の自分の姿を見たかのような気持ちになって、
大丈夫!私妊娠できる!
そう、プラス思考に一気に変換されたんです。

 

そのことがあったので、何気なく、
子どもができないっていう子がいたら、
婦人科を受診するようにすすめてます

 

躊躇してたら、すぐに1年なんてたってしまう。
そして、わたしが不妊治療をして妊娠したんだから、
あなたも大丈夫って背中を押す。
これが私の役割だと思うので。

親しい友人には支えてもらうことも大事

心の友でっ「しんゆう」なんていっても
いいくらいの友達1人や2人はいると思います。

 

そう思っているってことはいろいろ今までの積み重ねがあって、
それを乗り越えてきた友達ってこと。

 

悲しい時に相談したりできる友達って、
大人になってからはとても貴重な存在

 

素直に、聞いてよーって電話したら、
きっと支えてくれるはず。

 

もちろん、夫婦で支え合うことも大事だけど、
やっぱり大切な友人はいつでも心の支えになってくれます。

 

と。ダラダラと書いてみましたが、
1人で悩むことが一番体にわるいので、
ちょいちょい毒を出すようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ