不妊と高齢は比例する!卵子の高齢化は35歳がターニングポイント?


不妊高齢比例する!卵子高齢化35歳ターニングポイント
についての情報です。

スポンサーリンク

不妊と高齢は比例する!卵子の高齢化は35歳がターニングポイント?

近年は婚期が遅くなっており、
少子化が危ぶまれている。

 

結婚が遅くとも、生理があったら子どもは産める。
そう思っている人も少なくはないのではないだろうか。

 

しかし若く見えても、
いくらプロポーションを保っていたとしても
卵子の年齢だけは若返らせることができない
という事実を知っていてほしい。

 

高齢って、40代後半くらい??
いえいえ。

 

実は卵子の高齢化は35歳がターニングポイントなのである。
35歳を超えると、子どもができないの??
といったら、決してそうではない。

 

ただ卵子が老化すると、
どうしても出産までに至る確率が減ってしまうのだ。

 

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるかもしれない。
しかし、出産後のことも考えた方がいい。

 

赤ちゃんの動かぬうちはいいかもしれないが、
3歳にもなれば好きな所へ走り回るようになる。

 

健康でありがたいことであるが、
32歳のわたしですらあー、疲れた!!
と思うことが度々あるのだ。

 

産むのが2人目なら子育てはそこまで苦ではないかもしれない。
子どもの成長がまだ1人目を育てているため、
予測の範疇にあるからだ。

 

そのぶん、幾分か余裕ができる。
しかし、1人目だとそうはいかない。

 

授乳から始まり、オムツ変え、急な病気、
そして走り回る子どもを追いかけながら、
買い物や料理など、いっぱいいっぱいになるのだ。

 

完璧にこなそうと思えば思うほど、
ドツボにはまるのだ。

 

いさぎよく「諦める」こんなこともとっても重要。笑
私は掃除も料理も家事という家事をあきらめるという形で
イライラせずに子育てをすることができている。

 

雑誌に乗っているようなステキな奥様を
目指さないことが大切なのである。

 

これは子作りにおいても同様のことが言える。
今日が排卵日!!と思うと、
そりゃ月に一回しかないのでどうしても今日しないと!!
というこの義務感にかられてしまう。

 

あたしも32歳。
第二子を諦める35歳までにはあと3年しかなく、
12×3は残り36回しかチャンスが無いのである。
そう思って不妊治療にも取り組んできた。

 

不妊治療を始めたのは28歳であったが、
32歳になるまではあっと言う間だったし、
どうしても高度治療は年に1~2回が限界だ。

 

もちろん体の面からみても、金銭的な面からも
ともかく不妊の大きな原因としては
やはり高齢が一番大きい。

 

子どもが欲しいひとはなんなら、
できちゃった婚でもいいじゃないか。
私はそう思う。

 

卵子は老化を待ってはくれない。
あたしも、急がねばーーーーー!!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ