不妊かな?と思ったら、産婦人科で検査を受けよう!


不妊かな?と思ったら、産婦人科で検査を受けよう!

赤ちゃんが欲しいのになかなかできなくて
お困りであるならば・・・

 

まず検査を受けることをおススメする。
検査と一言でいっても様々な検査がある。

 

そしてめんどくさくとも、
基礎体温を数か月つけていくべきである。

 

産婦人科を訪れると以下のような検査がある。

触診・問診
超音波検査
血液検査
子宮内膜組織検査・内分泌検査
卵管疎通検査

などだ。

 

どこに原因があるのかそれぞれ調べることになる。
わたしはどれも経験済であるが・・・

スポンサーリンク

 

卵管疎通検査は卵管に問題があったため、
痛みがあったが、
それ以外はとくに痛みも感じることは無かった。

 

検査なんていうと重々しいが、
ちょっと調べてみようという軽い気持ちで行くとよいと思う。

 

それと肝心なのは病院選びだ。
わたしの友人には普通の個人の産婦人科を訪れて検査も特にせず、
タイミングだけ見てもらって、
原因も曖昧なままで1年が経過してしまい、
看護師から「体外受精と顕微授精」についてと書かれている
紙切れを渡されたという人もいる。

 

やはり不妊外来」があるところが専門で、
最初から目的がはっきりしているし、
先生も専門なので話は早い。

 

産婦人科と不妊外来が一緒になっている病院も多くあるが、
不妊外来だけ別になっていて、
患者さんに配慮している病院もある。

 

赤ちゃんができないという悩みは
精神的にダメージが大きい

 

そして治療という段階でもうまくいかない時は
かなりのダメージを受けることとなる。

 

先生との信頼できる関係が築けていれば、
相談もできるし、自分がどのような状況であるのかを
理解することができる。

 

検査の結果や治療の段階においての疑問点を
懇切丁寧に教えてくれる医師との出会いは
治療のダメージを和らげてくれる

 

人間、合う・合わないもあるので、
ネットの口コミなどをみて、
自分に合う病院選びをしてみてはどうだろうか??

 

 

⇒amoamo(アモアモ)・蛯原英理さんがプロデュースの
ベビ待ちサプリを通販で購入するならこちら!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ